インペリアル飲茶ハイティー@天府茶芸館UOB Plaza

   今回のシンガポール訪問でこれだけは何が何でも外したくない、
      と訪れたのは四川豆花飯荘に併設された茶芸館での
             インペリアル飲茶ハイティー。
c0225494_4393027.jpg
      しばらくシンガポールを訪問する機会も無いでしょうし
 チリクラブもラクサもプラウンヌードルも・・・と様々な候補が上がる中
     お茶好きとしては何としてでも訪問しておきたかった場所。
c0225494_4515254.jpg
娘はかつてのお友達と、息子は卒業式の予行演習で登校日でしたので
     その間、夫とのんびり至福の時間を味わってまいりました。
c0225494_4494558.jpg
    以前は九種類の飲茶点心に三種のお茶をいただけましたが
       残念なことにお茶は二種類に減っておりました。。。
  それでも人に淹れて頂くお茶は美味しさも倍増し、究極の至福063.gif
c0225494_452722.jpg
                最初のお茶は龍井茶。
      中国十大銘茶の中でも最高峰と言われる中国緑茶で
    ほのかに感じる甘さの中にも渋みもあり、非常に爽やかな香り。
   落ち着いた茶芸館の中で、より一層美味しく味わえた気がします。
c0225494_4544342.jpg
 また飲茶もどれも美味しく、好みにもよりますがたまに外れのある中、
   この日の飲茶はどれもあたり(笑)大変美味しくいただきました。
c0225494_4554172.jpg
           二つめのお茶は普洱茶(プアール)茶。
    夫は以前から独特の香りの普洱茶は好んで飲むことはなく、
         この時も龍井茶ばかりを飲んでおりましたが
   私はその独特な香りが結構好き、二煎目、三煎目になってくると
    トロンとまろやかなお味に変化し、そのとろみがまた美味しい!
  癖のあるお味ゆえ、好みは分かれるお茶でもあると思いますが。。。
c0225494_456369.jpg
そして最後のデザート点心は四川豆花のシグネチャーメニューでもある
                ビーンカード(豆花)
 初めてこちらを口にした際には、杏仁豆腐のお味を期待していたゆえ
 衝撃的だった記憶がありますが、慣れてしまえばこれもデザート(笑)
        決して好んでいただく豆花ではございませんが
簡単にいただけなくなる、と思うとなぜか美味しさが増すから不思議です
c0225494_4564975.jpg

c0225494_4573353.jpg
      さて、オフィスビルの60階に位置するこちらの茶芸館も
           あいにくこの日は朝から雨に降られ
     シンガポールの街を一望する景色もどんより霞みがち。。。
その後は徐々に霧も晴れ、かつて住んでいたコンドが確認できた時には
  これが見納めになるのかな、とちょっぴり感傷的な気分に浸りつつ
          この景色を目に焼き付けたのでした。。。
      ここはシンガポールの中でもまた訪れたい空間の一つ、
再訪する機会があれば、また同じ席からこの景色を眺めたいものです。
[PR]
by catharine17 | 2014-03-23 00:10 | 旅行
<< ワ―ロックの飲茶@カールトンホテル 素敵なプレゼント >>